アウトドアの知識と経験は災害時に役に立つ!

「台風や地震などの災害に備えて準備をしておきましょう」

そう言われて、本当に対策用品リストに沿った準備だけで終わりにしていませんか?
残念ながら被災したときにはそれだけでは不十分です。
モノだけではなく「ココロの準備」も必要なのです。

アウトドア用品は最高の防災グッズ。
そしてサバイバルの知識と経験は
被災時に大変役に立つ。

唐突にやってくる災害時の非日常
自ら非日常を楽しもうとするアウトドア。

同じ非日常でも心の余裕が違います。

災害は一度起きると待ってはくれません。

  • 寝床の確保
  • 飲水と食事
  • 火の確保とコントロール
  • 暖を取る方法
  • 天候が崩れたときの対応
  • トイレの確保
  • など

これらを突然やらなくてはいけない状況に追い込まれたとき、本当に上手にこなせるでしょうか?
そうです、非常時の準備はモノだけ揃えておけば終わりではないのです。なによりも経験が大事なのです。

そんなときに活用しておきたいのが「キャンプ」。キャンプは災害時の避難生活に近いため、知識と経験がそのまま役に立つのです。

r00160_02

まずは「自宅でキャンプ」を

「いきなりキャンプはちょっと……」というご家庭であれば、部屋の中でキャンプをシュミレートすると良いでしょう。

r00160_05

ゲーム感覚で電気やガスを使わずに一晩生活するのです。アウトドアを経験したことがない人であれば、これだけでもかなりの非日常を感じることができるでしょう。ポイントはその非日常を楽しむことです。
ただし被災時にはそんなものでは済みません。少しずつできることを増やしていき、最終的には野外で寝泊まりができるようにしておきましょう。

r00160_04

そして、しっかり準備しておいたつもりでも「こうしておけばよかった」「あれがあると便利だった」「詳しく調べておけばよかった」というアラが必ず見つかります。それを平和な生活のなかで一つ一つ潰しておきましょう。

「すぐに持ち出せるようにする」までが準備

もう一つ重要なポイントがあります。
キャンプ用品は必要なとき、すぐにムンズと掴んで持ち出せる状態にしておかないといけません。非常時に「えーと、寝袋はどこに仕舞ったかなぁ」「アレ!? ガスが空だ」ではダメなのです。いつでも持ち出せるように準備をし、すぐに取り出せる場所に置いておきましょう。

r00160_06

これは突然キャンプに行きたくなったときにも素晴らしく役に立ちます。

防災キャンプに参加しよう

キャンプファイヤーでお馴染みの林間学校とは別に、最近は被災を想定した「防災キャンプ」という教育プログラムも盛んに行われています。避難所や学校で宿泊し、炊き出しや応急手当など被災時のノウハウを子供たちにレクチャーしてくれるのです。学校や自治体の主催で開催されていますので是非参加をしてみてください。

r00160_07

常に誰かに守られていることをまだ自覚していない子供たちにはとてもよい経験になるでしょう。

モノを用意するだけで終わりではありません。

アウトドア用品は最高の防災グッズ。
そしてサバイバルの知識と経験は

被災時に大変役に立つ。

最後は経験がモノを言います。

布団や枕が変わると眠れないというような神経質な子供が避難生活に耐えられるわけはありません。それどころか日常生活の変化にもついていけない心の弱い大人になってしまいます。そんな大人身近にいませんか?
もしお子さんがいるならば、幼少の頃から辛いことや堪えることも経験させてあげてください。その経験は他人に頼ることしか出来なかった子供を災害のストレスに打ち勝てる頼もしい大人に変えてくれるでしょう。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加