片付けちゃダメ! 扇風機は一年を通して使えます

縁側・風鈴・スイカにかき氷、そして側には首を振る扇風機。
扇風機といえば夏の風物詩ですよね。

しかし扇風機が活用できるのは夏だけではありません。
夏が終わったからといって片付けてはいけなかったのです。

扇風機を片付けてはいけない。
冬場は天井に溜まった暖気をかき回そう。
洗濯物の部屋干しにも必須です。

扇風機、言わずと知れた風を送る機械です。夏は汗を蒸発させることで体から気化熱を奪い涼しくさせる有り難いものです。また強制的に部屋に空気の流れを作ることで部屋全体の気温を下げるためにも使われます。

このような使い方が扇風機の主な役割ですが、「扇風機=夏」という固定概念が強過ぎるためか他の季節で使おうとする人がいないのは残念なことです。秋なのに扇風機が出しっぱなしだとルーズな人というレッテルを貼られてしまうのです。

いえいえ、違うんです。秋も冬も春も扇風機は便利に使えるのです。

扇風機で暖まろう

冬場の暖房には根本的な弱点が存在します。温めた空気は軽くなるために天井に溜まり、冷たい空気は床に溜まるのです。私たちは床に接して生活をしていますので、せっかく温めた空気の恩恵に預かることが出来ないのです。

r00156_02

この2つに分かれた空気の層を扇風機でかき回して部屋全体を温めましょう。

天井から床に向けて、そして床から天井に向けて扇風機で風を送るのです。

r00156_03

これで足元まで暖まることが出来ます。

エアコンに空気を送ろう

エアコンは天井に近い場所に設置されているのが常です。このため暖房時には天井付近に溜まった温かい空気を吸ってさらに温めているのです。温まった空気はさらに軽くなり当然のように天井に溜まります。これは無駄ですよね。私達が生活する床に近い冷たい空気を温めて欲しいものです。
であれば扇風機で床からエアコンに向けて冷気を送りましょう。

r00156_04

こうすることで部屋内を循環させる空気の流れを作ります。これにより部屋は早く温まり、そして私たちは暖かく過ごせるのです。

温風を撒き散らそう

暖炉やオイルヒーター・電気ストーブの側に扇風機を置き、温風を部屋におくるという使い方も大変有用です。

r00156_05

ただし一点注意が必要です。暖房器具の前に置いてはいけません。扇風機が熱を受ける位置に置くと、プラスチックが解け出し最悪の場合は発火します。暖房器具から離れた場所において温まった空気を押すように流しましょう。

部屋干しには必ず扇風機を使おう

天気が悪く部屋干しをするなら扇風機は必須です。洗濯物は濡れている時間が長ければ長いほど細菌の繁殖が進み臭いが発生します。生乾きの臭いを避けたいのであれば素早く早く乾かす必要があるのです。そんなときに大活躍するのが扇風機です。

r00156_06

強制的に風を当てることで乾燥するまでの時間は1/2から1/3程度に減ります。なお部屋の湿度が上昇しますので、乾燥している冬場であれば加湿器代わりにもなります。

このように扇風機は夏専用の家電ではなかったのです。その思い込みを捨ててもっともっと便利に活用しましょう。

実は季節家電ではありません。

扇風機を片付けてはいけない。
冬場は天井に溜まった暖気をかき回そう。
洗濯物の部屋干しにも必須です。

賢く使い一年中快適に過ごしましょう。

私の家でも一年を通して3台の扇風機を活用しています。1台は本棚の上で部屋の空気の循環用に、もう1台は部屋の空気の換気や部屋干し用に、最後の1台は冷気や暖気を人に向けるためです。
実際に使っているからこそオススメできます。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加