炊きあがったご飯がガチガチに固い…… そんなときは再炊飯でふっくらに

何を間違えたのでしょうか?
炊きあがったご飯に芯が残っていた。
はたまたギチギチに詰まった固いご飯になってしまった。
もうせっかくの食事が台無しです。

そんなときはこの方法で美味しく頂きましょう。

ご飯に芯が残った場合は蒸すと直ります。
炊飯器の場合はお湯を加えて再炊飯。
冷凍ご飯は水を加えてレンジで加熱。

水を吸わせる時間が短かったのか、水の量が足りなかったのか。そんなミスをするとご飯は固くなり芯が残ってしまいます。ふっくら美味しいご飯を期待していただけに一口目のガッカリは想像を絶するものがありますよね。
そんなときはこうしましょう。

まず炊飯器の場合はお湯を加えて再炊飯を行いましょう。炊飯スイッチを入れる時間は5分程度を目安にしてください。入れるお湯の量はご飯の硬さにもよりますが、不足していたと思われる量を入れましょう。これで芯が消えてふっくらとしたご飯に変わります。

次に、炊き上げた固いご飯を冷凍保存しているなら、レンジで解凍する際に大さじ2杯程度の水を加えましょう。通常の場合は冷凍容器から湯気が吹き出したら出来上がりですが、芯を取りたい場合は1分30秒ほど長めに加熱をします。そしてしばらく蒸らしましょう。

今回は運良く(?)ガチガチに固く炊きあがってしまったご飯が冷凍されていましたので、これを使い実際に試してみましょう。

r00152_02

まず冷凍のまま水を30cc(大さじ2杯)ほど入れます。

r00152_03

軽く蓋を乗せてレンジで加熱をしましょう。
この大きさの容器(どんぶりサイズ:230g)であれば通常加熱は5分30秒ほどですが、今回は湯気が出始めてから1分30秒ほど加熱を続けました。そしてそのまま数分蒸らします。

r00152_04

ほぐしてみましょう。

r00152_05

柔らかくなりました。大成功です。
もともとがごはん粒の目が詰まった固いご飯でしたのでカタマリ感は残っていますが、ギシギシという固い食感はなくなりました。

ちなみにタイカレーでいただきました。
美味しかったです。

r00152_06

なお、電子レンジを使ったこの方法はレンジ内で再炊飯をしているようなものですので多少吹きこぼれがあります。キッチリ掃除をしないとガチガチに固まってしまいますのでご注意ください。
また、加える水の量と加熱時間はご飯が固くなった程度により変わりますので適時調整をしてください。一発勝負で決める必要はありません。もし加減がわからないのであれば「少なめ短め」で少しづつ調整をしていく方法をおすすめします。

一年間掛けて育てられたお米です。捨てたりせずにおいしく残さず頂きましょう。

我慢して食べる必要はありません。

ご飯に芯が残った場合は蒸すと直ります。
炊飯器の場合はお湯を加えて再炊飯。
冷凍ご飯は水を加えてレンジで加熱。

ちょっとの手間で美味しくいただけるのです。

最近はキャンプの練習も兼ねて自宅でも鍋や土鍋で炊飯をしているのですが、時折失敗をしてしまいます。私の場合はベチャベチャというより固めに炊きあがってしまうことが多いですね。おそらく火を止めるタイミングが遅いのでしょう。噴き出す泡の量と粘り気を見ながら判断をするのですが、これがなかなか難しいのです。

失敗をしても上記のようにある程度はフォローが可能ですので、皆さんも鍋炊飯をチャレンジしてみてください。アウトドアだけでなく災害時などイザというときにも役に立ちますよ。是非是非。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加