お神酒を飲んで祭りの山車を引くと酒酔い運転になるというお話

祭りの主役「山車」が町内を巡回し、所々でお神酒が振る舞われる。
日本の祭りとしては珍しくない風景です。

ところがちょっと気に留めておいたほうがよいことがあるのです。

祭りの山車は自転車と同じ軽車両扱いのため
飲酒して引くと酒酔い運転になる。
お神酒を振る舞う行為も実は処罰対象。

道路交通法65条には「何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない」とされています。

(酒気帯び運転等の禁止)
第65条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

山車や自転車、リヤカー、馬などの軽車両も「車両等」に含まれていますので、自動車同様に飲酒運転は道路交通法で禁止されています。

ただし、軽車両の場合は酒気帯び運転に罰則がなく、酒酔い運転のみに罰則があります。簡単に説明すると、お酒を飲んで軽車両を運転する行為は道路交通法違反だが、酔いの程度で罰則の有無が変化するということです。もちろん罰則が無いからと言ってすぐに開放されるわけではありません。道路交通法違反であることに違いはありませんのでこってり絞り上げられます。

自動車の場合は検問で呼気中のアルコール濃度を調べることがありますが、自転車の場合は警察官が危険と判断した時点で酒酔い運転と判断されてしまうのが現実のようです。
つまり、少ししか飲んでいなかったとしても

  • フラフラとしていた
  • 転んだ
  • 植木に突っ込んだ
  • 自転車で歩行者を引っ掛けた
  • 口ケンカをした
  • 事故を起こした
  • 警官を無視した
  • 警官に反抗的な態度を取った

このようにシラフだとは思えない行為をしてしまうと、1段厳しい酒酔い運転とみなされてしまう可能性が高まるのです。
怖いのは相手が悪い場合のトラブルでも飲酒していると極端に不利に扱われることです。ご老人がよろけて自転車に突っ込んできたとしても、少しでも飲酒していると酒酔い運転と判断されてしまうこともあるのです。こうして自転車で酒酔い運転と判断された場合は、自動車と同じ「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられます。
このように山車と同じ軽車両である自転車での飲酒運転は非常に厳しい扱いを受けているのです。

r00139_02

さて話を山車に戻しましょう。

山車の巡回は地方ごとに文化があり細かい作法は異なりますが、切っては切れないのがお酒です。
景気づけに一杯引っ掛けてから威勢よく山車を引く。道中にお神酒台があり、そこでも一杯引っ掛ける。昼食でビールをたらふく飲みさらに山車を引く。それは祭りであればよく見かけるごく普通の光景です。

ところが生真面目な視点でこれを見ると、周囲の人も酒酔い運転になると知りつつ酒を勧める行為だとも言えてしまうのです。

道路交通法65条3項にはこのように記載されています。

3 何人も、第1項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

もちろん一般的に山車を公道で引く際には警察が協力をしています。この警察のお目こぼしがあってはじめて祭りという文化が続いているというちょっと特殊な状態なのです。

r00139_03

ただし、ひとたび山車が事故を起こしたときには状況は一変します。特に人の命に関わる大きな事故であるなら警察も法に則り動かざるを得ません。被害者や遺族が「祭りだからしょうがないね」と言うわけはないのです。警察や社会の目、そしてメディアも「酒を飲んでいたのは誰だ」だけでなく、「酒を勧めたのば誰だ」と飲ませた人にも矛先を向けてくるでしょう。
道路交通法では酒を勧めた人も酒酔い運転をした本人と同様に処罰されます。「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」か科せられるのです。

つまり、お酒を一切飲まない人や山車を引かない人でも「皆さん、お神酒どうぞ」で道路交通法違反になる可能性があるのです。
くれぐれもご注意を。

文化と現代社会のルールの間に潜む矛盾です。

祭りの山車は自転車と同じ軽車両扱いのため
飲酒して引くと酒酔い運転になる。
お神酒を振る舞う行為も実は処罰対象。

空気を読む力とさじ加減が試されます。

このように祭りの山車と酒には「古から続く文化」と「現代社会のルール」の間にある矛盾を残したままなのです。個人的に祭りの酒を規制すべきだとは一切思いません。それこそ野暮というものです。しかし、この矛盾が存在することだけは覚えておかないといけないでしょう。何か起きてしまった瞬間に「お祭だからね」「みんなしてるよ」で許してもらえる話ではなくなるのです。

矛盾はあるけどこのまま何事も起きずにゆるゆると続けばいい。そう思ってはいるのですが事なかれ主義過ぎでしょうか。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加