まとまりの良い配色にしたいのであれば、画像から色を摘出しよう

色を組み合わせて印象深いイメージを与える「配色」を考えるときに便利な手法をご紹介します。
より自然でまとまりのある配色にしたいなら、求めるイメージに合った画像を利用して色を決めると良いのです。

まとまりのある配色を選びたいなら
求めるイメージに近い画像にモザイクを掛け、
色を摘出するとよい。

色は赤・黄色・緑・青と簡単に言葉にできますが、赤ひとつを取ってもいろいろな赤が存在します。

r00137_02

同じ色であってもバリエーションが無数にあるのです。この色をさらに複数使いバランスよくまとめたものが良い配色です。
これが実際にやってみると実に難しい。無数にある色の組み合わせに迷いが生じると概して収拾がつかなくなります。そんな経験、ありますよね? 一見簡単そうに見える配色という作業は、色の組み合わせだけを掲載した分厚い本も存在するほどにデザイナーを悩ませる難解な作業だったのです。

やってしまいがちなのはこんな配色です。

r00137_05

鮮やかで濁りのない色を使いたがるため、人工的なイメージになるのです。

しかし、具体的な配色イメージがあるのであれば、そのイメージから配色を決めるという方法があります。
イメージにピッタリの画像を使い、その画像から色をピックアップするのです。

では画像から配色を決める手法を実際に試してみましょう。

「夏の高原」をイメージさせる爽やかな画像を用意しました。

r00137_03

これに大きなモザイクを掛けていきます。

r00137_04

残った色を拾います。

r00137_06

濃い緑と深い青色の空、そして雲の白という夏の情景をイメージする配色になりました。
人工的なイメージは無くなり、ナチュラルでまとまっています。

では次に「ピンクのコスモス」が印象的なパステル調の画像で試してみましょう。

r00137_07

これが、

r00137_08

こうなって、

r00137_09

画像の印象を受け継ぎ、明るく可愛いイメージを持つ配色になりました。
このようにとても簡単に配色を決めることができるのです。

配色に迷ったら是非試してみてください。
きっと役に立ちます。

もしPhotoShopなどの画像処理ソフトをお使いでない場合は、Web上で同様の処理をすることもできます。
「Pictaculous」は画像からカラーパレットを作成するWebサイトです。

r00137_10

紅葉の画像で試してみましょう。

r00137_11

このように主要な色が簡単にピックアップできます。
こちらも是非試してみてください。

必ず覚えておきたいTipsです。

まとまりのある配色を選びたいなら
求めるイメージに近い画像にモザイクを掛け、
色を摘出するとよい。

作業のスピードアップにも効果的。

この手法が使えるのは「素敵」と思える画像が既に良い配色になっているからです。もとい素敵な配色だから私たちは魅了されると言ってもよいでしょう。つまり画像を見て「これは素晴らしい!!」と思える感覚があるなら、配色の素質があると思ってください。

問題はそれを自ら作り出せるかですが、これがなかなか……ねぇ。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加