ジャガイモのそばにリンゴを置いておくと発芽を防ぐことができる。しかし注意すべき点も

昔からの経験則として、ジャガイモをリンゴと一緒に保存すると発芽しにくくなるというものがあります。近代になり、その理由がリンゴが放出する「エチレン」という植物ホルモンの影響であることがわかってきました。
ところがエチレンは必ずしも人間の役に立つというわけではなかったのです。

どういうことなのかきちんとまとめておきましょう。

リンゴやメロンのそばに
ジャガイモを置いておくと発芽がしにくくなる。
葉物野菜の場合は痛みが早くなる。

リンゴやメロン、バナナなどの果物は植物ホルモン「エチレン」を大量に放出します。
エチレンは常温で気体となる唯一の植物ホルモンであり、かすかに甘い匂いがします。

r00132_02

そのホルモンの作用は、

  • 果実の成熟を促進する
  • 落果・落葉・落花を促進する
  • 発芽を抑制する
  • 茎や根の伸びを抑制し、径を太くする

という様々な効果があります。

分かりやすく具体例を挙げると

  • ジャガイモと一緒に置くと発芽を抑制できる
  • バナナやキウイなどの未成熟の果実と一緒に置くと成熟を早めることができる
  • 葉物の野菜と一緒に置くと早く傷んでしまう
  • 花瓶のそばに置くと花や葉が早く散る

となります。
つまり、このエチレンは必ずしも果実や野菜の保存を助けるものではないのです。

r00132_03

このためリンゴやメロンを無造作に野菜室に放り込んでしまうと、他の果物が熟れ過ぎたり野菜を痛めてしまう可能性があるという厄介者なのです。もしエチレンの放出が多い果物を冷蔵庫に入れるときは、ビニール袋で包み香りが漏れないようにしましょう。このときにジャガイモがある場合は一緒の袋に入れて発芽を防ぐというのが現実的な方法でしょう。

ジャガイモの箱にリンゴを1つ入れておき、リンゴがしおれたら新しいものに交換するという方法は農家であれば可能ではありますが、一般家庭ではリンゴが高価なこともあり無駄が多すぎます。生活の知恵として覚えておき、「ジャガイモの発芽をできるだけ抑えるためにしておきたいちょっとしたコツ」という程度の認識が正解でしょう。

良い組み合わせと悪い組み合わせがあります。

リンゴやメロンのそばに
ジャガイモを置いておくと発芽がしにくくなる。
葉物野菜の場合は痛みが早くなる。

知識の1つとして覚えておきましょう。

この厄介者エチレンは、育成中の植物に振動や接触をさせでも発生します。植物は風などのストレスを受けると植物ホルモンであるエチレンを出し茎や根を太く丈夫にするのです。
「音楽を聞かせて育てた果実」という私達一般人には首をかしげたくなるような育成方法は、このエチレンの仕組みを活用しているのです。風のないハウス栽培の場合は音楽の振動はプラスに働くことでしょう。こうしてきちんと調べてみると、眉唾ものだった「モーツァルト育成法」もまんざら悪いものではなさそうですね。なぜヘビーメタルではなくモーツァルトなのかは置いておいたとしても。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加