捨ててしまうなんてモッタイナイ! コーヒーのかすは消臭剤として再利用しましょう

コーヒーは挽いた豆から淹れると、必ず「かす(殻)」というゴミが発生します。
当たり前のようにコーヒーかすは捨てていますが、実は消臭剤として再利用出来るのです。

コーヒーかすは
しっかり乾燥させると
消臭剤として使える。

消臭剤の作り方は簡単。
コーヒーかすを平たい更に広げて天日干しにします。

r00131_02

サラサラに乾いたら、お茶パックや出汁パックに入れて封をします。

r00131_03

これで完成です。簡単ですよね。

もし今すぐに作りたいのであれば電子レンジでもOKです。コーヒーかすをお皿に広げて加熱→放置を繰り返し、湯気が出なくなりサラサラになったら袋に入れて完成です。

この小袋を臭いが気になる下駄箱や靴の中に入れておきましょう。嫌な臭いを吸い取ってくれます。

なぜコーヒーかすには消臭効果があるのでしょうか?
コーヒーかすを電子顕微鏡で見ると表面に多孔質と呼ばれる小さな孔がたくさん並んでいます。実は消臭効果でお馴染みの炭と同じ構造なのです。この孔が臭いを吸着するため消臭が出来るというわけです。

この粉状の消臭剤はキッチンのゴミ箱にも便利に活用できます。
乾燥させたコーヒーかすをプラ容器に貯めておき、料理のたびにゴミ箱の中にパラパラと振り掛けましょう。新しくでたゴミを消臭剤であるコーヒーカスでまぶしてしまうのです。
これも実際に試してみましたが、確かに臭いが和らぎます。効果有りです。ただし、生ゴミが腐って発生する「ウッ」とくるような強烈な悪臭を打つ消すような効果はありません。そんな場合は悪臭が少し和らいだかなという程度です。
生ゴミは水気を切り、小さいビニール袋でキッチリ包んでからゴミ箱に捨てる。普段からこのようなニオイ対策がしっかりできている人のための消臭剤として考えたほうがよいでしょう。

トイレの消臭の場合だけは少し事情がかわります。
トイレの臭いであるアンモニアは水に溶けやすいという性質があるため、コーヒーかすは湿っていたほうが効果があります。アンモニア臭を減らしたいときはコーヒーかすを乾燥させる必要はありません。小皿に盛ってトイレの隅に置いておきましょう。

r00131_04

ただし、この場合はデメリットもあります。湿っていて雑菌が多い場所のためカビが発生しやすいのです。毎日コーヒーを飲むのであれば毎日交換を、そうでない場合は2日を目安に廃棄しましょう。

そのままゴミ箱ではモッタイナイ。

コーヒーかすは
しっかり乾燥させると
消臭剤として使える。

最後にもう一仕事してもらいましょう。

なお、ベランダで天日干しをしている最中に強い風が吹くと大変な目にあいます。湿っているときは大丈夫でも、乾くと風に飛ばされてベランダ一面がコーヒーかすでジャリジャリになってしまうのです。
そんな惨事が結構な確率で発生しますので、乾燥させる場所は陽が当たる窓辺がオススメです。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加