覚えておきたい 疲れない靴紐の締め方

長距離を歩くときは「靴紐をしっかり締めましょう」と言われます。
また気合を入れて走るときも靴紐をキリキリと締めてしまいがちです。

実はこれはダメ。
靴紐はキツく締め上げれば良いというものではないのです。

靴はつま先側を緩く
足首を若干きつめに締めると
長時間歩いても疲れにくい。

長い時間靴を履いて疲れるのにはいくつかの理由があります。

まず靴の中で足が前後にズレる。
これは靴紐が緩すぎるのです。足が前にずれることを抑えこむのは足首に近い靴紐だけです。

r00113_02

この締め付けが甘いと足は前にずれてつま先が靴に当ります。また歩くたびに靴の中で足が前後に動くので摩擦熱が篭もり汗が増えます。こうして靴の中が快適とは言いがたい状態になり、疲労やマメの原因になるのです。
足首側の靴紐は血行が悪くならない程度にしっかり締めましょう。

更に、足先は歩くたびに曲がりますがつま先側の靴紐を締めすぎるとこの動きが悪くなります。

r00113_03

締め上げられて曲がらない足先を無理やり曲げているのであれば、疲れるのは当然です。足先側の靴紐は足の指の動きを抑えこまないようにゆるめに締めるとよいでしょう。靴を履いた状態で指が抵抗なく動くかを確認しましょう。

足が疲れやすい人は、まずこの2つをチェックして見ましょう。
意外にもこれだけで疲れ易さは大幅に軽減できます。

なお、トレッキングシューズの場合は上り坂と下り坂では適した靴紐の締め方が異なります。

上り坂は足が前側に大きく倒れこむため、足首の上まで締めあげると非常に歩きにくくなります。そんなときは足首が自由に動くように靴紐の縛る位置を下げてみましょう。
足が靴の中で動きやすくなりますが、上り坂のため常にかかとが押し付けられる方向に力が掛かりますので問題はありません。

r00113_04

逆に下りのときは衝撃で足首に大きな負担が掛かります。そして常にブレーキをかけながら歩くことになるため、靴の中で足が前にずれやすくなります。この場合はキッチリ足首を固定したほうが歩きやすくなるのです。

r00113_05

靴紐の穴やフックが用意してあるからといって全てを使うことがベストというわけではないということです。

そのシーンに合わせて靴紐をこまめに調整することで歩き疲れは軽減できます。

ただし足との相性が悪い靴ではいくら靴紐で調整をしても限界があります。
まず靴との相性をもう一度確認してみましょう。

●靴との相性

  • 土踏まずの凸の位置と形が合っているか
  • かかとの形が合っているか
  • 足指の曲がる位置が合っているか
  • くるぶしが靴に当り違和感がないか

もし該当するなら足と靴の形が合っていないということです。足の形は人それぞれですので、そんなときは無理をして履かずに自分にピッタリフィットする靴を探すことをお勧めします。

靴紐1つで疲れ易さは軽減できます。

靴はつま先側を緩く
足首を若干きつめに締めると
長時間歩いても疲れにくい。

いろいろ試して自分のベストを探しだしてください。

実は足の大きさは1日を通して同じではありません。朝小さめで夕方になるとむくんで大きくなります。このため午前中にフィッティングをした靴は午後きつくなるという症状が必ず起きます。靴は出来るだけ午後、出来れば夕方に購入するとよいでしょう。

それも疲れない靴を買うコツです。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加