車の燃料警告灯が点いてから何キロ走ることが出来るのか

山道や高速道路を走っているときに燃料警告灯が点灯するとビクッとしてしまいませんか?
高速道路なら事故の原因に、冬の山道であれば遭難する一大事です。
なんでもっと早くガソリン入れておかなかったんだろうと悔やんでももう仕方がありません。
今はとにかく近くのガソリンスタンドまで走り、給油をするしか手はないのです。

ところでこの車はあと何キロ走ることができるのでしょうか?

車の燃料警告灯が点灯したとき残燃料は10L、
小型車と軽は5L程度。
「50km走れば必ずGSがある」は迷信なので注意。

「高速道路は50km走るとガソリンスタンドがあるから、自動車の燃料警告灯が点いてから50km走ることが出来るように作られている」と言われることが多いですが、実はそうでもないのです。

高速道路のガソリンスタンドは確かに50kmを目安に設置されていますが、実際は70kmや80kmの場合もあります。またガソリンスタンドの間隔が100kmを超える区間も80箇所以上あり、中には150kmを超えるところもあります。深夜営業をしていないガソリンスタンドのことも考慮すると更に状況は悪化します。
実は高速道路のガソリンスタンドは採算が取れない地方を中心に年々減っているのです。

r00109_02

話を燃料警告灯に戻しましょう。
このような背景がありますので、「高速道路に合わせて50km走れるように作られている」というのは現状では正しくありません。

実際の自動車のほうはどうかというと、こちらも燃料警告灯点灯時に残っているガソリンの量は車種でマチマチで走行可能な距離も違います。

単純な目安としては

  • 普通車は10L
  • 小型車は5L
  • 軽自動車5L

と覚えておけばよいでしょう。

丁寧に走れば100km走れるが渋滞にハマると50kmも厳しいというのが実情です。

r00109_03

もう少し詳しく知りたいのであればこのような計算も可能です。

満タンで入ったガソリンの量の1/10

燃料警告灯が付いた時の残燃料の量はタンクの容量の10~15%程度です。満タンで入れた時の一番多かった量を1/10にすればおおよその残燃料の量が分かります。少し少なめに算出されますが、ガス欠はそのくらい慎重に扱ったほうがよいでしょう。

また燃料警告灯点灯時の残燃料の量は取扱説明書にも記載されています。
しかし実際は余り正確とは言えません。実使用での安全を見ているのでしょうか、どちらかと言うと少なめに表記されていることが多いようです。

もし余裕があるタイミングで警告灯がついたならすぐに満タンにして残燃料の量を算出してみてください。

タンク容量 ー 給油量 = 警告灯点灯時の残燃料

この実測が一番正しい値です。

これらを活用して残燃料を算出し、最悪時の燃費を掛けることで走行距離を算出しましょう。
渋滞時の燃費は渋滞度合いによっていくらでも悪くなりますが、大排気量車やミニバンであれば4km/l、小排気量車であれば10km/l程度です。

10L × 4km/L = 40km

のように計算をしましょう。
そして余裕のあるうちに一番近くにあるガソリンスタンドに飛び込みましょう。

デメリットばかりで何のトクもないガス欠チキンレースはくれぐれも止めましょう。

散々なドライブにならないように

車の燃料警告灯が点灯したとき残燃料は10L、
小型車と軽は5L程度。
「50km走れば必ずGSがある」は迷信なので注意。

「どうしようかな」と思ったら即給油。

ガス欠の車に乗った経験はありますか?
止まる直前の車は挙動がおかしくなります。減速をするとエンストしたり、アクセルを踏み込むと加速とエンストをガクガクと交互に繰り返したりと車種により挙動はマチマチです。また下りになるとエンジンが止まるという場合もあります。これは燃料タンクの形と燃料取り入れ口の位置により、このような現象が起こるのです。もし高速道路なら大事故の発端になる危険な状態です。
私の学生時代の友人も、ガソリンスタンドの段差を乗り越えられなくて店員さんに押してもらったというコメディーのような逸話を残しています。

一度ガス欠を起こしてしまうと時間も費用も無駄に消費してしまいます。ちなみに深夜の高速道路の本線上でガス欠を起こすと、JAF非会員の場合は2万円+燃料代実費+後方支援車の高速代という莫大な費用が掛かります。

くれぐれも早め早めの給油を心がけましょう。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加