うっかり歯磨き粉をこぼしてしまったときに使えるちょっとした生活の知恵

歯ブラシに歯磨き粉を乗せてくわえようとしたら、ペトッ。
歯磨き粉が洗面台に落ちてしまいました。
よくある失敗です。

でもそのまま水で流してしまわないでください。
それは洗面台を綺麗に磨き上げるチャンスなのです。

歯磨き粉で洗面台や蛇口を磨くと
ピカピカになる。
うっかりこぼしてしまったら磨いてしまおう。

実は歯磨き粉には研磨剤が入っています。
さらに洗浄効果もありますので磨き上げる研磨剤としても優秀なものなのです。
うっかりこぼしてしまった歯磨き粉は水で流さずに、洗面台や蛇口を磨くために再利用してしまいましょう。

実際に試してみました。

今回はステンレスの流しを使います。
水垢がコッテリついていますね。

r00091_02

うっかり歯磨き粉をこぼしてしまいました。
いや、うっかりうっかり。

r00091_03

そのままティッシュでゴシゴシ擦ります。

r00091_04

洗い流してみるとこんな感じに。

r00091_05

ピカピカになりました!!
水垢も綺麗に落ちています。
磨いていない場所との差は歴然ですね。

歯磨き粉をこぼしてしまったらそれはチャンス

歯磨き粉で洗面台や蛇口を磨くと
ピカピカになる。
うっかりこぼしてしまったら磨いてしまおう。

もったいなくはないのです。

なお、鏡も磨けますが歯磨き粉の研磨剤の種類によっては細かいキズが残ります。
透明がウリのグラスや鏡への使用は少なからずリスクがありますので、まずは目立たないところで確認してから磨きましょう。

ちなみに歯自身も歯磨きで少しづつ削れていくわけですが、唾液に含まれる石灰が沈着することで歯がやせ細っていくことを防いでいます。
つまり度を越した歯磨きは歯を痛めているということです。
何事もさじ加減が大事ということですね。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加