お気に入りの服が乾いていない!そんなときは簡易乾燥機で乾かそう

今日着て行きたかった服が乾いていなかった!
そんなときに役に立つテクニックです。

衣類を急いで乾かしたいときは
ビニール袋に入れて
ドライヤーで温風を送りながら振るとよい。

湿っている衣類を即座に乾かしたいときは乾燥機に。
ですが、乾燥機がないときは身近なもので簡易乾燥機を作ってしまいましょう。

衣類をスーパーの袋に入れ、ドライヤーを差し込みます。
温風で暖めながら、服をほぐすように振りましょう。
これで乾燥機と同じように服を乾かすことができます。

実際にシャツでやってみました。
脱水が終わったばかりのシャツをスーパーの袋に入れます。

r00081_02

ドライヤーを差し込んで、排気口をしっかり確保します。

r00081_03

温風(弱)を送りながらドラム式乾燥機のように服を袋の中で躍らせましょう。
そして時折送風に切り替え篭った熱を吐き出しましょう。

パリッパリというわけにはいきませんが、しばらくすると着ることが出来るレベルに乾きました。
所要時間は約10分です。

湿気を帯びた空気の中ではそれ以上は乾きません。
乾いて暖かい空気を送り込み湿った空気を排気するという考え方を忘れないで下さい。
温めれば乾くものではないのです。

ただし注意していただきたいことがいくつかあります。

半透明でカサカサという音が出るPE(ポリエチレン)製の袋はNGです
熱に大変弱く簡単に溶けてしまいます。

r00081_04

そして必ず排気口を作り、密閉しないようにしてください。
これは湿度100%の空気中では服が乾きにくいというだけでなく、ドライヤーが異常加熱を起こしてしまうのです。

これは別件でやってしまったものですが、ドライヤーの吸気口や排気口を塞ぐと加熱してドライヤー自体が溶けだします。

r00081_05

実際にやってみた感想ですが、生地が薄い夏着であれば比較的実用的だと思います。
ただし厚手の綿素材などの冬着は相当な時間と労力が掛かりそうです。

昨日から干していたけど朝になっても半乾き、後もう少し乾かしたいというときには十分使えそうです。

デメリットとしては、これを行うと湿気を帯びた空気を浴び続けますので非常に暑い思いをします。夏であれば汗をかくでしょう。
お出かけ前のシャワーの後ではやりたくない作業ですね。

お気に入りの服が半乾き!そんなときは、

衣類を急いで乾かしたいときは
ビニール袋に入れて
ドライヤーで温風を送りながら振るとよい。

もちろん乾燥機禁止の衣類はNGです。

乾燥機を身近なもので再現するという方法でしたが、コレを上回る方法を編み出した家事の達人がいます。
なんとキッチンのコンロの上で服を広げて乾かすのです。
広げた服を両腕に乗せて、肌で火加減を感じ取りながら左右に動かすのです。
ちょっとしたミスで服が燃え上がりますので、この方法はとてもではないですがオススメできません。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加