時間を決めて用意スタート!! 集中力を高めて勉強する方法

勉強をなんとなく始めて、適当に休憩をして、時には思いにふける。
たっぷり時間を掛けて勉強をした気分にはなるのですが、実際は時間ばかり掛かり一向に身につきません。

こんなパターンが多いならすべきことは一つです。

勉強は範囲と時間を決めてから始めよう。
タイマーを併用して集中力UP!
テスト本番の回答スピード向上にも効果あり。

勉強をどれだけこなしたかを語るとき、「昨日は2時間も勉強した」など時間を基準に考えがちです。しかし掛けた時間だけ勉強が進んだわけではありません。 勉強は時間ではなく質なのです。

同じ課題を2倍の時間を掛けてこなしたとき、他の人は2倍の課題をこなしています。これを一年という長い期間で考えるともう絶対に追いつけない差となってしまいます。さて一緒にテストを受けたらどうなるでしょうか?間違いなく勝てないでしょう。

また、一緒に同じように遊んでいるのにやたら成績が良い人がいると思います。限られた時間の勉強で成果が違うということは勉強の質が全く違うということです。勉強の質が高いから遊ぶ時間があるということなのです。

r00078_02

質の低い勉強は時間をムダにするだけでなく、学んだことが身につきにくいのです。
これは記憶の仕組みが影響しています。
生活をしていると勉強以外にも多くの事柄を見て聞いて話します。ただし必要ないものはすぐに忘れてしまうでしょう。駅のホームですれ違った人の顔、1週間前の昼食、友達とした何気ない会話。全てを記憶してしまうと頭がパンクしてしまうからです。生きていくために必要なことだけを選んで記憶に定着させ、必要ないものはしばらくすると忘れてしまうことで記憶の整理整頓をしているのです。もし出会った人すべての顔を覚えてしまうと、今目の前にいる人を思い出すのに膨大な量のデータを検索しないと思い出せなくなってしまうのです。

記憶する必要があるかを決めるポイントは大きく分類すると以下の2つです。

・どれだけ緊張感をもって起きた出来事か
・ひたすら繰り返して遭遇した出来事か

毎朝通る道のヒビを自然に覚えてしまうような「繰り返し」は勉強に当てはめると膨大な時間がかかってしまいます。
すなわち効率を上げたいのであるなら「これを覚えないと生きてはいけない」という緊張感も持って勉強することが大切なのです。そうです、集中力を高めると記憶に定着しやすくなるのです。

前振りが長くなりましたが、そこで用意したいのが100円ショップでも買えるキッチンタイマー

r00078_03

勉強を始める前にまず今からやる範囲を決めましょう。そしてそれに掛かる時間を設定します。
用意…スタート!!」で勉強を始めるのです。
こうすることで集中力がグッと高まり質の高い勉強に変わります。
勉強の密度が高まるのです。

勉強の範囲と時間は「数学と英語と日本史を3時間で」という大雑把な決め方はNGです。「この教科のこのページまでを50分」というように具体的に決めましょう。
時間は1時間以内を目安にしたほうが集中力が切れません。
もし人一倍集中力が無いことが悩みなら、短い10分程度からはじめてみましょう。10分間であればあっという間です。これができたら徐々に設定時間を伸ばしていけばよいのです。
具体的な受験要項が決まっているなら、最終的にはそのテスト時間を目指しましょう。90分のテストなら90分単位で勉強をして集中力の持続時間を鍛えておけば、本番で息切れすることがなくなるでしょう。

そしてこの勉強法はテストの回答スピード向上にも効果絶大です。「時間さえあれば出来たのに」「見直しが出来なかった」というスピードの遅さ故の不合格では泣くに泣けません。受験本番では「時間を掛けて丁寧に考えれば出来た」は「出来ない」に等しいのです。

人間というものは面白いもので、期限を決められるとそれに間に合うように頑張ってしまう不思議な生き物です。
受験を乗り越えるために自分をうまくコントロールする術を身につけましょう。

100円タイマーが合格の鍵になるかも!?

勉強は範囲と時間を決めてから始めよう。
タイマーを併用して集中力UP!
テスト本番の回答スピード向上にも効果あり。

やる気のON/OFFスイッチを自分で切り替えられるようになろう。

私も通知表に「注意力散漫」と書かれてしまうタイプですので、勉強中も気が散ったり物思いにふけったりしがちでした。
自分がヒーローになって大活躍、モテモテになってウヘヘヘ…、そんな妄想してみたり。
これじゃイカンと始めたのがこの方法ですが、私にとっては効果絶大でした。

やる気がない日でもタイマーさえ動かしてしまえば、後からやる気が湧いてくるのです。
自分自身のことながらつくづく「面白いなぁ」と感じてしまいます。

同じように「集中できない」「時間ばかりかかって覚えられない」とお悩みの方が是非試してみてください。
間違いなくプラスになるでしょう。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加