イザというときに役に立つ簡易湯たんぽ

災害時や寒くて眠れないときに役立つアイデアです。
イザというときのために覚えておきましょう。

ペットボトルは湯たんぽとして活用できる。
お湯を入れタオルを巻いて温まろう。
なお耐熱温度は50度程度なので要注意。

キャップで封が出来るペットボトルは非常時に湯たんぽとしても活用が出来ます。
お湯を入れたらタオルをしっかり巻いて温まりましょう。

r00070_02

非常時だけでなく、秋から春に掛けてのキャンプで寒さしのぎとしても定番の方法です。

なお幾つか注意が必要です。

まず入れるお湯の温度。PETという素材は熱に弱いのでヤカンで沸かしたお湯は使用禁止です。
一般的な冷たい清涼飲料水用のペットボトルは耐熱温度が50℃程度です。このため指で触れる程度のお湯でないと危険なのです。熱湯を入れると漏れてヤケドをする可能性がありますので止めましょう。

モノは試し、熱湯を入れてみました。

r00070_03

この通りに入れた瞬間からグチャグチャに変形をしてしまいます。このときは漏れませんでしたが、漏れて大ヤケドをしてもおかしくない状態です。

ペットボトルには温かい飲み物を入れるための「耐熱用」というタイプもあります。飲み口が白くキャップがオレンジ色のものです。耐熱温度は85℃と高くなりますが、それでも100℃の熱湯は危険です。さらに耐熱用ペットボトルはほとんどが350ml程度の小さいもので、あっという間に冷えてしまうというデメリットもあります。

そして低温やけどに注意が必要です。
45℃前後の温かいと感じる温度でも長時間皮膚が触れていると真っ赤に腫れあがるヤケドの症状がでるのです。それが低温やけどです。タオルで巻いていてもそのまま寝てしまうと、めくれてペットボトルが肌に触れていることがあるのです。出来るだけ大きなバスタオルで巻いたり、更に上からバンダナで包むなどヤケド対策が必要です。

日常的に使うのはオススメできません。
便利なペットボトル湯たんぽですが、「湯たんぽ」として使うのはあくまでも緊急時だけと考えてください。メーカーとしてもペットボトルを湯たんぽとして再利用するようには作っていません。そもそも繰り返し熱を加えて体重がのしかかるような想定で作られていないのです。いずれお湯が漏れ出すなどの問題が生じるでしょう。
湯たんぽ自体は非常に安価に販売されていますので、日常的に使うのであればそちらを選択するのが正しい判断です。

このようなリスクもありますので「捨てるペットボトルを使っているからエコ」という軽いノリで使うのは危険です。しかし注意して使えば非常時に命を守る頼もしいツールになりえます。これらの注意点も併せて覚えておきましょう。

あくまでも非常用として

ペットボトルは湯たんぽとして活用できる。
お湯を入れタオルを巻いて温まろう。
なお耐熱温度は50度程度なので要注意。

覚えておきましょう。

私も入院中寒気がひどいとき、ペットボトルを湯たんぽ代わりにしていました。これだけでかなり体が楽になったことを今でも覚えています。
ちなみに350ml程度のペットボトルではタオルで包んでも温かい状態は2時間程度しかもちません。こまめなお湯の入れ替えが必要です。

後々看護師さんに聞いてみると、誰もが寝静まった深夜に何度も何度もペットボトルに水を詰めにくる変な患者さんがいる、として話題になっていたようです。
それワタクシです。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加