荷物の量が変化しても大丈夫! 柔軟に対応できる旅行のパッキング術

旅行中に荷物の量が変化すると鞄の中の荷物分けが悩ましいですよね。
着ていない服は減っていき、使用済みは増えていく。
また食べ物は減っていくけど、お土産は増えていく。

次第に鞄の中はめちゃくちゃになっていくのです。
それを防ぐ良い方法があります。

旅行の荷物分けには
バンダナや風呂敷が便利。
量や形の変化に自在に対応できる。

荷物は未使用衣類、使用済み衣類、ケア用品、電子機器、貴重品などに分類が出来ると思いますが、それぞれをバンダナ・スカーフ・風呂敷などに包んでから鞄に詰めましょう。

布で包んでいますので量の変化に対応できて形も自由に変化させることが出来るようになるのです。

r00069_05

またこの方法は袋とは違い「余り」が出来ないために鞄の中に動く隙間があっても中身が荷崩れしにくく、常に軽くテンションが掛かっているため電子機器やケア用品など固いものを入れてもガチャガチャという音がしにくくなるメリットもあります。

旅行中に荷物があぶれてしまった場合でも、風呂敷など大きなモノであれば一時的にバッグとして活用することも出来るのです。
逆に必要がなくなった場合は小さくたたんでしまえば良いのです。

r00069_03

風呂敷は贈答品を包むためのものと思われがちですが、一昔前には行商の鞄として使われていた立派な旅行用具です。オシャレでもエコでもなく旅の実用品だったのです。旅の達人と言われる人の鞄の中に風呂敷が使われていることが多いのはこのためです。
今一度評価されるべき旅のツールだと思います。

アイデア次第で使い方いろいろ、

旅行の荷物分けには
バンダナや風呂敷が便利。
量や形の変化に自在に対応できる。

先人の知恵を見直そう。

最近は旅行鞄の中で荷物を分けるためのポーチや巾着も各種揃っています。これらを使うのも良いですが中身を示すラベルが印刷されているものだけは止めておきましょう。
私も昔は袋の柄を統一してラベルの見分るのがオシャレと考えていたのですが、春夏秋冬、1泊から1週間、国内海外と旅行によって荷物の量は変化します。マーク付きの袋は逆に使いにくくなるのです。

Tシャツしか入れられない巾着袋とかなんで買ってしまったんだろう。

r00069_04

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加