環境で勉強へのモチベーションを上げる方法

受験や資格の勉強を続けていると、どうしてもやる気が湧いてこない時期があります。
そんなときは思い切って環境を変えてみましょう。

本気で頑張っている人に囲まれていると
自分も自然に頑張れる。
塾・図書館の自習室を活用しよう。

勉強は自分でするものですが、意外にも周りの影響を受けています。
勉強をしないで怠けている人たちと一緒にいると勉強をしないのを「普通」と感じ、それ以上が苦痛になるのです。逆に勉強をキチンとする人に囲まれていると勉強することが「普通」なのです。

つまり日常的に勉強をしない家族がそばにいるだけでも「なんで俺だけ勉強しないといけないの?」という気持ちが湧いてくるのはごく自然なことなのです。そんな思いがチラツキ始めたらモチベーションなんて上がるはずがありません。

もし「やる気がでない」「集中できない」などモチベーション低下を自覚しているなら、塾や図書館などの自習室を積極的に利用しましょう。

r00068_02

勉強に集中していいる人に囲まれるだけで何の苦痛もなく勉強の効率が上がるのです。「勉強に集中できない」と一人で悩み苦しむ必要はありません。

「朱に交われば赤くなる」という言葉がありますがまさにその通りで、自分個人の能力に対する成績であっても環境の影響を大きく受けて良くも悪くも変化するのです。

これは勉強に限らず仕事やスポーツでも同様です。サボりぐせの付いた人たちのグループに身をおくと、世間一般の当たり前のことすら苦痛になってしまうのです。しかし当人にとってはそのダラケた状態を「普通」「当たり前」と感じており、それ以上を求められるとイライラしてしまうのです。

これは「お金や努力が全く必要ない勉強の効率を上げる方法」とも言えます。
周りの力を利用して「自分にとっての普通」のレベルを変化させることで乗り越えましょう。

ポイントは「本気で頑張っている人に囲まれる」ことであり、「自習室で勉強する」ことではありません。そこに注意して席を選びましょう。

r00068_03

なお図書館は各館ごとに自習室の使用ルールが異なるため、「PCを持ち込みたい」「簿記の勉強のため電卓を使いたい」などの場合は窓口で問い合わせてみましょう。

さらに可能であれば住んでいる周囲の図書館をめぐり、いくつか自習できる場所を用意しておきましょう。実は中学・高校の定期試験に重なる時期だけは注意が必要です。おしゃべりしかしないグループやはしゃぐ子が増えるので全く集中できないのです。その時期は諦めて別の地区の図書館を使用したほうがいいでしょう。

勉強のモチベーションが上がらないのなら

本気で頑張っている人に囲まれていると
自分も自然に頑張れる。
塾・図書館の自習室を活用しよう。

頑張る仲間に力を貸してもらおう。

私も仕事で集中をしたいときにはよく図書館の自習室を利用させてもらっています。大学受験・資格試験・仕事と目的は違いますが本気で頑張っている人たちに囲まれていると、自然に感化されて自分も頑張れるのです。これは本当に効果絶大です。
ぜひぜひ試してみてください。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加