捨てるなんてモッタイナイ! ペットボトルのラベルで遊ぼう

身近にある素材、ペットボトルのラベルを使って遊びましょう。
実はこのラベル、面白い性質を持つ素材だったのです。

ペットボトルのラベルは
熱湯の熱で縮む。
工作にも使える便利な素材。

ペットボトルのラベルは熱を加えると縮む「熱収縮」という性質を持つ特殊なフィルムを使っています。これにより複雑な形のペットボトルに密着させているのです。

この「熱を加えると縮む筒状のフィルム」はいろいろなものに再利用できます。

始めにどこまで縮むか試してみましょう。
輪切りにしたラベルを熱湯に浸してみました。みるみる小さくなりこのサイズに。

r00067_02

元々のサイズは600mlのペットボトルですのでかなり小さくなることが分かります。

では早速遊んでみましょう。
ペットボトルを潰しながらラベルを外します。
次にラベルをグラスにかぶせます。

r00067_03

これを熱湯に漬けてみましょう。
するとこんな感じに。

r00067_04

まるでノベルティーグッズのようなグラスが出来ました。

r00067_05

この通り瓶の形状ピッタリに密着しています。

ドライヤーでも縮みますがどうしてもシワが出来てしまいますので、綺麗に仕上げたいなら熱湯を使いましょう。ただしビンは急激に温度を変化させると割れることがありますので注意してください。耐熱ガラスでない場合は徐々に温度を上げていきましょう。

捨ててしまうペットボトルのラベルで出来るというのは大きいですよね。
実はこの熱収縮フィルム、飲み物のペットボトルだけに使われているものではありません。瓶詰め、缶詰、カップ麺、化粧品や掃除用品など身近ないろいろなものに活用されています。
「熱を加えると縮む筒状のフィルム」は工作に修理にインテリアにとアイデア次第でいろいろなことに使えます。リサイクルする際にはラベルを捨てずにとっておきましょう。

なおペットボトルのラベルには「熱収縮タイプ」と「帯タイプ」の2種類があります。ペットボトルの複雑な形に密着しているのが「熱収縮タイプ」です。ペットボトルに巻いて糊留めされているだけの「帯タイプ」は熱を加えても縮みませんのでご注意ください。

r00067_06

意外なところに面白い素材がありました。

ペットボトルのラベルは
熱湯の熱で縮む。
工作にも使える便利な素材。

早速遊んでみましょう。

今回作ったグラスはペン立てに使おうと思ったのですが、鶴瓶師匠と目が合ってしまい非常に使いづらいです。
私は何故にこのラベルを選んでしまったのでしょうか。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加