実はカイロを当てると全身が温まる場所がある

木枯らしが吹く寒い日の使い捨てカイロ、とても有り難いグッズです。
コンビニで買ってすぐに温まることが出来るのはまさに文明の利器ですよね。

しかし右手を温めると左手が冷える。手を温めていても足が冷える。
このように局部的にしか温めることができません。
そんなこんなで大量のカイロを全身にぺたぺた貼りたくなってしまいます。

実はそんなことをしなくてもカイロを当てることで全身が温まる場所があるのです。

カイロは動脈が皮膚から近い
首の側面、脇の下、膝の裏に貼ると
全身が温まる。

カイロはこの位置に貼ると効率的に体を温めることが出来ます。

r00063_02

これには理由があります。
これらの箇所は動脈が皮膚から近いところを通っているのです。このためこの箇所をカイロで温めると心臓から送られてくる血液が温まり、その温まった血液が体を巡ることで全身が温まるのです。
もし手が冷たい、足が冷たいというように局所的に冷えがあるのであれば、そこへ向かう動脈を温めると一層効果が増します。手を暖めるのではなく、手を流れてくる血液を温めておくということです。

つまりこの箇所を冷気に晒してしまうと全身が冷えやすいとも言えます。冷え性の方はこの箇所をしっかりガードしましょう。

r00063_03

ただし冷えると腰が痛い、お腹を壊しやすいというような方もいると思います。そんな方にとっては直接筋肉や内臓を温めることも必要です。この動脈を温める方法にプラスしてしっかり温めましょう。

実はこの方法は夏にも応用が出来ます。
暑いときにこの箇所を重点的に冷やすと良いのです。これも効果を実感できると思いますので是非試してみてください。

r00063_04

1つのカイロで効率よく温まろう。

カイロは動脈が皮膚から近い
首の側面、脇の下、膝の裏に貼ると
全身が温まる。

夏にも応用しよう。

ただし一点だけ注意が必要です。
これらの箇所は皮膚が薄くデリケートな位置でもありますので低温やけどには十分注意をしてください。カイロが熱いと感じたらハンドタオルなどで包み、じんわり温まるように調整をしましょう。ヤケドに至らなくても真っ赤にカイロの後が付いてしまうことがありますのでこまめに確認を忘れずに。

特に首元が真っ赤になっていると良からぬ噂が立ってしまうので注意してください。
「これはカイロでー」と説明したところで「フ~ン、ソーナンダ(ニヤリ)」となかなか信じてもらえませんよ。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加