10円玉で花瓶の花を長持ちさせる方法

部屋に花を飾るとそれだけで気持ちが明るくなりますよね。
しかし花瓶の花はいつかは萎れてしまいます。
出来るだけ長持ちさせたいものです。
そんなときにオススメの10円玉を使った簡単な方法があります。

花瓶の中に10円玉を入れておくと
水が腐りにくくなり
花が長持ちする。

これはどういう理由なのでしょうか?

10円玉はほぼ銅で出来ており、水に入れると銅イオンが溶出します。この銅イオンが細菌の発生を防ぐため、水や茎の切り口が痛まないというわけです。これにより水の汲み上げが衰えず花が長持ちするのです。

r00061_02

入れる10円玉は出来るだけ新しいピカピカのものが適しています。くすんだものは既に表面が酸化しているため銅イオンの溶出が少なくなるのです。

r00061_03

ただし注意点もあります。
10円玉を長期間繰り返し使っていると表面が腐食してしまいます。これがひどくなると貨幣損傷等取締法の対象になる場合があるのです。このため10円玉は同じものを使わずにこまめに取り替えるようにしましょう。

もし身近に銅板や銅製の小物があるのであれば、それを使ってもOKです。

また銅イオンの水を殺菌する効果により、蚊の幼虫であるボウフラの発生を防ぐ効果もあります。昔から「お墓の花入れに10円玉を入れておくと蚊が沸かない」と言われていましたが、実はこういう理由だったのです。

10円のデポジットで花が長持ち。

花瓶の中に10円玉を入れておくと
水が腐りにくくなり
花が長持ちする。

早速試してみましょう。

10円玉を使い水を腐りにくくすることで、花を長持ちさせ防虫にもなるという方法でしたが、この応用でちょっと変わった使い方をしている人もいるようです。
銅イオンで殺菌をするという同じ理論で「10円玉が水虫に効く」という民間療法があるのです。いまお持ちの10円玉がもしかしたら水虫の指に挟まれていたかもしれません。調べてみると効果の真偽はどうも怪しいのですが、なにも天下の回りモノである10円玉でやることないのに、と思うわけです。

この方法がこれ以上流行らないことを切に願います。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加