アフリカの国の位置を簡単に説明する方法

日本から遥か離れた大陸「アフリカ」。
大陸の形は分かりますが、国の位置まで正確に知っている人はあまりいませんよね。
仕事や旅行にいく際に説明をしてもなかなか理解してもらえません。

そんなときに役に立つ方法です。

アフリカの国の位置は
九州に例えると
説明がしやすい。

私達に身近な土地で例えると簡単に伝わります。
アフリカであれば形の似た九州が最適です。

r00059_02

「ボツワナって九州で言うと桜島付近の国」
「モロッコは九州で言うと福岡から唐津かな」

簡単にイメージできますよね。

もちろんアフリカ以外でも活用できます。
説明する相手にとって身近な土地で例えるとよいでしょう。

例えばオーストラリアであればこうしましょう。

r00059_03

「メルボルンは四国で言うと室戸岬」
「ゴールドコーストは神奈川で言うと横浜の位置」

どうでしょうか?
分かりやすいでしょう。

仕事や旅行でよく行く場所があるなら、このように「○○に例えると…」という引き出しを幾つか用意しておくと何かと説明が楽になります。

だいたいの外形が分かるなら

アフリカの国の位置は
九州に例えると
説明がしやすい。

いろいろ応用してみよう。

例えるのは地形でなくでももちろんOKです。

地域の知名度アップのためにとても良い仕事をしているのが千葉県のゆるキャラ「チーバくん」。
「アクアラインでチーバくんのヘソに入って、海沿いを足先に向けて進もう」というような表現で理解し合えるようになりました。
これは大変便利です。

r00059_04

ただし内陸を説明すると「チーバくんで言うと胃袋あたりから腸を抜けて膝関節まで」とかなり物騒な表現になってしまいますが。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加