流行のファッションは2年前に決まっている!? 流行色の決め方 

「今年の流行色はコレ!」雑誌の誌面を飾る定番のコピーです。

流行色というと「自然発生的に流行した色」というニュアンスがあります。
しかしファッションの場合、流行ってから注文しても供給が間に合いません。
どうやらそのシーズンに流行る色はかなり前から決まっているようです。

流行色とは流行った色ではなく流行らせる色。
その年の流行色は2年前に
「インターカラー」で取り決められている。

ファッションの流行色は雑誌もメディアもお店のディスプレイも、同時に同じ方向性に変化するのは冷静に考えると不思議ですよね。衣類の場合は売れているから今すぐ追加発注というわけにはいきません。届く頃には次のシーズンになってしまいます。ということはそのシーズンに流行るファッションは事前に決められているということです。

では誰がいつ決めているのでしょうか?

流行色のトレンドはこのように決められています。

r00057_02

流行色は「インターカラー」という国際組織で実シーズンの2年前に決められています。ここでは単に色だけではなく素材の質感や配色のポイントなどを含めたトレンドの方向性が提案されます。その内容を踏まえ国内のカラートレンドを選定する組織「日本流行色協会(JAFCA)」にて国内向けのトレンドを取りまとめます。そのカラートレンドを元に各アパレルメーカーが商品企画をするため、似た傾向の色や素材・テイストの服が流行るのです。

つまりファッションの流行は自然発生ではなく、人によって作られているのです。

このため最新のトレンドをいち早く知りたいならファッション雑誌やデザインコレクションではなく素材展示会を訪れるとよいでしょう。一番先に動き出すのが素材メーカーなのです。
ファッションにかぎらず仕事としてトレンドカラーを活用したいのならJAFCAの会員になることをおすすめします。更に早い1年半前に国内向けに選定されたカラー情報を知ることが出来るのです。

なおJAFCAのWebサイトにて半年後までのカラートレンドが一般公開されています。気になる方は参考にしてください。

カラートレンド(JAFCA)

流行ってからでは遅すぎる。

流行色とは流行った色ではなく流行らせる色。
その年の流行色は2年前に
「インターカラー」で取り決められている。

情報の先取りで一歩先を歩こう。

もう流行を一生懸命に追いかける歳ではなくても、恥ずかしい格好だけはしたくないものです。その点男のファッションは定番というものがあるので助かります。

ただしその定番ファッションもいつの間にかタブーとなっている場合もあるので注意が必要です。上下デニムはダサい、シャツを入れてはいけない、チェック柄はオタクっぽく見られるなどなど。

別に最先端のオシャレじゃなくてもいいので、「普通」を提案してくれる雑誌やWebサイトがあると助かるんだけど。こういう考えが度々湧いてくるようになると「あぁ、オレもおっさんになったんだな」としみじみ自覚してしまいます。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加