切れて使えなくなった電池を少しだけ復活させる方法

アレっ!?電池切れかな?
たしか買っておいた電池が・・・無い。

さて困りました。
そんなときに電池を少しだけ復活させる方法があります。

切れた電池は
手で温めると少しだけ復活する。
冬場の電池切れは特に効果的。

電池の性能は実は温度と深く関係しています。
電池は化学反応で電気を作り出していますが、この反応は温度が高いと活発になり、低いと起きにくくなるのです。このため切れかけている電池でも温度を上げると少しだけ反応が活発になり、その結果電子機器がまた使えるようになるのです。

電池を取り出して手で温めてみましょう。また服にこすりつけて温めてもOKです。電池は少しだけ復活します。もちろんその復活する量は僅かなものですが、なんとかその場しのぎが出来るはずです。撮影・メール・リモコン操作など最後にしたいことをしましょう。

r00056_02

この方法は特に冬場に効果的です。電池が冷えきっている分、暖かい日より化学反応が起こりにくくなっているのです。スキー場など冬場のイベントで携帯やデジカメの電池がすぐに無くなるのはこういう理由だったのです。

なお温めれば温めるほど良いというものではなく、ドライヤーなどを使ってさわれないほど熱くしてしまうのは大変危険です。
例えばパナソニックのマンガン電池・アルカリ電池であれば推奨使用温度は5~45℃です。温度が45℃を超えると電池の性能劣化や液漏れの恐れがあります。ちなみにドライヤーの吹き出し温度は100℃を超えていますので、温め続ければ当然45℃を超えてしまいます。大変危険ですのでこの方法は止めましょう。

最後の切り札に

切れた電池は
手で温めると少しだけ復活する。
冬場の電池切れは特に効果的。

覚えておきましょう。

余談ですが、もし寒い野外に携帯など常に動き続けている電子機器を持ち出すなら、冷たくなる鞄や上着のポケットに入れずに内ポケットなど暖かい場所に入れておきましょう。これだけで電池寿命がグンと延びます。これも是非覚えておきましょう。

イザというときには大変役に立つ方法ですが、「復活する」と言っても過信は禁物です。
リモコンなど使用する電力が小さいものは意外に長い時間使えます。しかし大きな電力を一気に使うデジカメであればあと一枚撮影できれば御の字です。フラッシュは間違いなく使えません。

やはり日頃のこまめな充電管理が重要ですね。
したり顔で取り出した予備バッテリーも空だったりしますから。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加