お酒に弱い人・酔いたくない人にオススメ!! 簡単にお酒に強くなる方法

社会人になると外せないのが飲み会です。
飲みニケーションなんて言葉があるほどビジネス上重要な要素になってしまっています。

しかしお酒が飲めない人、嫌いな人にとってはツライ時間ですよね。
多少は飲めるけど今日はどうしても酔いたくないという人もいるでしょう。

そんなお酒に弱い人・酔いたくない人にオススメの簡単にお酒に強くなる方法です。

酔いたくないなら
乾杯直前にしっかり食べておこう。
お酒の弱い人にもオススメです。

まず「酔う」という現象はどのようにして起こるのでしょうか?
胃や腸で吸収されたアルコールは血液によって肝臓に運ばれます。肝臓はこのアルコールを解毒(分解)して無害化させます。実はアルコールは体にとって有害な毒扱いなのです。しかし分解しきれないアルコールが血液に乗って全身にまわり、その一部が脳の機能を麻痺させるのが「酔う」です。
その肝臓のアルコール分解能力には遺伝子レベルで決められた大きな個人差があり、これがお酒に強い・弱いを決めています。

しかし例え酒豪と呼ばれるお酒に強い人でも時間単位のアルコール分解量には限りがあり、全てを一度に分解することは不可能です。だからどんなに強い人でもお酒に酔うのです。

弱い人ならなおさらです。ただでさえ時間単位の分解量が少ないのですから、一気にアルコールを取り込んでしまうと脳の麻痺も急激に進行します。これが飲むとすぐに頭痛・吐き気を催すという弱い人特有の症状になるのです。

つまりお酒に弱い人・酔いたくない人は出来るだけアルコールの吸収を抑えつつ、一定にコントロールしないといけないということです。

r00045_02

最も注意しなくてはいけないのが乾杯直後の酔い始めです。
空きっ腹で酒を飲むと急激に酔いますが実はここにヒントがあります。裏を返せば胃の中に何か食べ物が入っていれば酔いにくくなるということです。

ではどうして酔いにくくなるのでしょうか?
食べたものは胃で消化されてからでないと腸に送り込むことができません。ドロドロに消化されるまでは胃は出口「幽門」を開かないのです。つまり未消化の食べ物と一緒にアルコールがあると液体を吸収する小腸には届きにくくなり、急激に酔いが回ることが無くなるのです。

つまり乾杯時に既に胃に何か入っていれば酔いにくくなるのです。
飲み会のマナー違反と言われようが、酔いたくないのであればこっそり何かを食べておきましょう。

飲み物ではダメです。
以前は牛乳を飲むと酔いにくくなるというのが定番でしたが、現在ではどうも違うらしいと言われています。当時は胃に牛乳の膜ができてアルコールを吸収しにくくなるからという説明でしたが、アルコールは胃だけで吸収されるわけではありません。大半は他の水分と同じように小腸で吸収されるのです。さらに牛乳の膜が胃に残り続けるということも考えられず、お酒を飲んでしまえば洗い流されてしまうのです。

r00045_03

無理を承知で言ってしまうとオススメは肉です。
肉類や揚げ物など脂肪分が多い食べ物は消化に時間がかかります。すなわち胃にとどまりやすいのです。これらを事前に食べておけば酔いは穏やかになります。「腹持ちがいい」または「胃もたれする」と言われている消化の悪い食べ物は酔いたくない人の味方だったのです。ファーストフードや牛丼屋で腹をふくらませてから飲み会に向かうとよいでしょう。
しかし仕事帰りの飲み会の前に肉や揚げ物を食べることが出来るかといえばなかなか難しいですよね。

そんなときは出来る範囲で構いません。お菓子でもチーズでも何でも構いませんので飲み会の直前に固形物をしっかり食べておきましょう。それだけでも大きな違いが出ます。そして乾杯後もお酒のペースを抑えて出来るだけ食べ物から手を付けましょう。これはお腹が膨れてしまえばお酒を飲むペースも自然に落ちていくという別の効果もあるのです。

こうすることで、なぜかいつもよりお酒に強い人になれるのです。

ただし何事にも限度というものがありますので飲み過ぎには十分注意してください。
特に日本人には遺伝的に肝臓のアルコールを分解する能力を全く持っていない人が一定割合で存在します。体にとって毒物であるアルコールを一切解毒できないのです。残念ですがその方はどう足掻いても飲めるようにはなりません。絶対に無理はしないでください。

お酒の強い人にはなかなか理解されないので自衛も大事です。

酔いたくないなら
乾杯直前にしっかり食べておこう。
お酒の弱い人にもオススメです。

ほろ酔いの楽しい飲み会にしましょう。

酔いにくくなるということは、酔いたくても酔えなくなるということです。
学生時代貧乏だったこともあり、夕食を兼ねて飲み屋にいくと高く付くので安い定食屋でお腹をふくらませてから飲みに行ったことがあります。なぜかその後の飲み会は一同全く酔えずに白けたのを覚えています。
今思うと酔えなくなる方法をしっかり実践していたのですね。

まあ学生ですから酔えないなら酔えないで飲んだ酒の量自慢が始まるだけで、結局は悪酔いするまで飲んで高く付いたという笑えるオチでしたが。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加