非常時に最適!! ツナ缶をオイルランプにする方法

「非常時なんてめったにこないから、」
そんな思いを持っていたことは東日本大震災などの大きな災害が起きるたびに後ろめたい気持ちにさせます。

実際に災害に遭ってしまうとそこからできることは限られます。
「あれをやっとけばよかった。用意しておけばよかった。分かりきっていたのに」そんな後悔ばかりです。
平穏な今だからできることは、対策を学んで用意をし、実際に経験をすることです。

今回は食料であるツナ缶で明かりを確保するという方法を実際に試してみましょう。

ツナ缶の残った油に
ティッシュで作ったこよりを立てると
ランプになる。

ツナ缶で明かりを得る方法です。
一般的な方法はツナ缶の真ん中に穴を開けティッシュで作ったこよりを立てるというやり方です。

作ってみるとこんな感じです。

r00030_02

このこよりに火を灯すと1時間弱燃焼し続け、もちろんその後に中身のツナを食べることができます。
中身の油分が燃焼していますので、ノンオイルのツナ缶は当然不可です。

この方法も良いのですが、私個人としては食べた後の油が残ったツナ缶を使うことをおすすめします。
明かりがほしいのは食事中ですので火が消えて真っ暗闇でツナを食べるというのは現実的ではないと思うのです。ツナ缶ランプからの美味しそうな匂いを嗅ぎながら火が消えるのをじっと待つというのはなかなかツライものです。そんな聞き分けのいい子に育てられた覚えはありません。

r00030_03

作り方は簡単。このようにテッシュを太めによじって油に浸すだけです。

火を灯すとこんな感じ。

r00030_04

炎からススが出ますので室内で使うときは十分に注意をしてください。

この方法であればサラダ油やオリーブオイルなどの食用油を継ぎ足せば燃焼時間を伸ばすこともできるのです。
このためこちらの方法を覚えることをおすすめします。

もう既にお気づきだとは思います。
本末転倒ですが、つまりツナ缶でなくとも食用油と器があればランプを作ることができるのです。

実際の災害で懐中電灯もロウソクもなく「ツナ缶しかねーよ」という状況はそうはないでしょう。とにもかくにも一度試しておくといろいろと応用が効くランプです。空き缶ランプをツナ缶で試して覚えておくというスタンスのほうが正解でしょう。

「えーと、あれどうやるんだっけな」とならないように

ツナ缶の残った油に
ティッシュで作ったこよりを立てると
ランプになる。

早速やってみましょう。

この方法はロウソクが普及していなかった江戸時代に行灯の明かりとして使われていた方法と同じです。
皿に油を入れて木綿などで作った芯を浸して火を灯すのです。

「化け猫が行灯の油を舐める」というあの行灯といえば分かりやすいでしょうか。
ツナ缶で作った行灯なら確かに猫がすっ飛んできそうですね。
お前化け猫だったのか!!

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加