キーボードの押し間違いを防止する最も簡単な方法

キーボードで文章を打っていると突然ひらがながろーmajini.
あー!チクショーまたCapsLock押しちまった。

よくありますよね。
そんなときはこうしましょう。

ウインドウズキーやCapsLockキーなど
押し間違いをする使わないキーは
キーボードから外してしまおう。

使わないキーは使えないようにしてしまいましょう。
外してしまえばいいのです。

r00026_04

これで押し間違いはなくなります。

評判の悪いキーは以下のとおり。

Windowsキー

昔は何をするにもこのキーからでしたが、タスクバーにショートカットが置けるようになったためほとんど使わなくなったいらない子。CtrlとAltの間というベストポジションにあるため、これらのキーを多用するPhotoshopなどの画像処理ソフトを使う方に忌み嫌われています。

CapsLock

大文字小文字を切り替えるためのキーです。日本語入力の場合、このキーを押すとひらがなが英字入力に切り替わってしまいます。またうっかりShiftキーと同時押しをしてしまうと全ての英字が小文字から大文字に切り替わってしまいます。何が起きたのか一瞬で気付くことができないため、地味にイヤな押し間違いです。

NumLock

オフにするとテンキーがカーソルなどの別の機能になりますが、数字を打っていて間違えて押してしまうキーです。数字を打っている最中に数字入力をオフにする極悪人です。

Insertキー

文字入力の挿入/上書きモードの切り替えですが、現在ではほぼ挿入モードしか使われていません。BackSpaceキーやDELキーの隣にあるため文章修正中に間違えて押してしまうことが多く、修正しているつもりでダメージを大きくする厄介者です。

その他キー配列と作業用途次第でAltキーFnキー無変換キーアプリケーションキー(右クリック機能)、F1キーなども押し間違いに困っている人もいるでしょう。

もう使わないキーはどんどん外してしまいましょう。

私の場合、こんなキーが邪魔になります。

r00026_02

なおキーが抜けている見た目がイヤ!!というオシャレさんは、キーの裏にスペーサーを貼って戻すとよいでしょう。これでキーを押しても入力ができなくなり押し間違いがなくなります。

ちなみにキーとキーの間にケースがあるタイプのキーボードはキーの取り外しはできません。その場合はキーのON/OFFを切り替えるカスタマイズソフトを使用しましょう。

r00026_03

必要ないならなくしてしまえ。

ウインドウズキーやCapsLockキーなど
押し間違いをする使わないキーは
キーボードから外してしまおう。

何事も割り切りが大事です。

押し間違いで集中していた作業を中断させられるのは非常に腹が立ちますよね。
イラッとすると間違いが多くなり、さらにイラッとしてしまう悪循環。
グッとこらえて冷静になりましょう。

原因は自分ではありますが、押し間違いをしやすいキー配列にもこmattamonodesu.

tikusho-!!

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加