簡単だけど大きな効果!! しもやけを防ぐ方法

しもやけ、イヤですよね。
あまりの痒さに足をもぞもぞ。
しつこくもぞもぞさせているとトイレや水虫に勘違いされてしまいそうです。
もうしもやけはカンベンです。

そんなしもやけに悩む方に是非試していただきたい方法があります。

靴は玄関ではなく部屋に置き
室温に暖めておくと
しもやけを防ぐことができる。

いくら部屋でケアをしていても冷たい靴を履いて出かけるとしもやけになってしまいます。冷えきった靴は外気や道路でさらに冷やされ足の体温で温め直すことができないのです。もう足先を冷やす最も効率的な方法と言ってもよいでしょう。

早朝の外気が氷点下なら玄関は0度近くまで下がってしまいます。冷蔵庫で冷やした靴を履いているようなものです。
これではしもやけにならないはずはありませんよね。

ここはひとつ、常識を覆しましょう。

帰宅をした際、靴は暖かい部屋まで持ち込みましょう。

たったこれだけのことですが効果は絶大です。
違いは外を歩き出してすぐに気づくと思います。いつも外出時に感じるジワーっという染み込んでくるような足先の冷えがなくなるのです。

r00023_02

また雪や雨で濡れた靴は乾燥していても気温が低いとなかなか乾きません。部屋に持ち込むことは靴を乾燥させる効果もあります。
寒い時期に靴を部屋に持ち込むことは実はいいこと尽くめだったのです。

毎年しもやけになってしまうなら

靴は玄関ではなく部屋に置き
室温に暖めておくと
しもやけを防ぐことができる。

絶対に覚えておきましょう。

もしさらなる効果を期待するなら、布団乾燥機のホースを突っ込み数分間温風を吹き付けると良いでしょう。さらに暖かくなります。真冬でも快適に出かけられることでしょう。

この部屋に持ち込むという方法は私も実際に行っています。しもやけにならなくなったことに加え、寒い日に出かける苦痛が減ったという特筆すべき効果もあります。
しもやけでない人も是非試してみてください。

コレクターのように靴をインテリアとして飾るというスタイルもオシャレで良いですよね。

r00023_03

まあ、私は新聞紙の上ですけどね。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加