一瞬改札を出ると安くなる!? 知らないと損をするJRの裏ワザ

どんな交通機関でも目的地に着く前に途中下車をすると合計の運賃が高くなります。
もう一度切符を買う必要があるからです。
当たり前ですよね。

ところがJRではそうならない場合があるのです。
なんと逆に安くなってしまうのです。

JRは途中の駅で
一瞬改札を出たほうが
安くなる場合がある。

えーっと、何を言ってるのか全く分かりませんよね。

例を挙げて見てみましょう。

では東京駅から鎌倉駅に向かいます。

普通に乗れば切符で920円、SUICAなど交通ICカードを利用すれば918円です。
途中の蒲田駅と横浜駅で一瞬改札を出てみましょう。

するとこうなります。

r00019_02

なんと140円以上お得になるのです。
蒲田と横浜で食事や買い物をしても交通費は安くなってしまうのです。

途中下車をしてまたあらたに切符を買い直すと交通費は高くなると思いがちですが、この例のようにそうならない場合があるのです。しかもこのような逆転現象が意外にも多く発生しています。

通勤通学や買い物で毎日JRに乗るのなら、コンビニコーヒー代くらいは簡単に浮かすことができるかもしれません。

この運賃の逆転現象が起こる理由は、

  1. 運賃が距離によって段階的に上昇するため、ちょうど良い距離で分割できる位置に駅があると安くなることがある。
  2. 格安な他社路線に対向するため運賃が割安に設定されている路線がある。
  3. 東京や大阪など大都市では運賃が割安な区間が設定されている。

などいろいろな要因が絡んでいるために運賃のねじれ現象が起きているのです。
このように原因が複雑なため、イチイチ分割の全ての組み合わせを調べるのはとても大変です。

そんな時にはこちらのサイトがオススメ。
出発地点と使用する路線、そして目的地を設定すると自動で最も安い分割方法を教えてくれます。

●乗車券分割プログラム
http://bunkatsu.info/cpg.cgi

検索結果はこんな感じ。

r00019_03

よく利用する路線を試してみましょう。
実は今までモッタイナイことをしていたかも知れませんよ。

ということで、JRに乗るなら

JRは途中の駅で
一瞬改札を出たほうが
安くなる場合がある。

これを忘れてはいけません。

本来は分割した切符を事前に購入するという方法なのですが、実際はICカードで改札を出て買い物や食事をするという用途のほうがスマートですよね。

私も時間に余裕のあるときは改札をピッと出てから180度回れ右をしてまたピッと入るということをしていました。周りの人に「何だこの人は」と思われていたのかもしれません。「一瞬改札をでるおじさん」とかアダ名付けられてたらどうしよう。

スポンサーリンク
sangyo_336_280
sangyo_336_280
  • このエントリーをはてなブックマークに追加